【グリフォイ・デクララ】新登場トッサルス・セレクシオ(91pts)と、「マウンテンワインズ」について。

2020年3月、ワイナリー・グリフォイ・デクララの「トッサルス・セレクシオ」が、輸入元・株式会社飯田様から発売されました。トッサルス・ジュニアの名前とデザインを変更し、より一層土着品種にこだわりました。今日は、新しくなった「トッサルス・セレクシオ」と、2017年にスタートした、独自の品質認証「マウンテンワインズ」について綴ってみようと思います。 昨年十一月、大阪のスペインワイン専門店ビノテカパネンカ様で行われた グリフォイワインイベントでは、この度トッサルス・セレクシオに生まれかわった、 トッサルス・ジュニアが大人気でした。     マウンテンワインズについて ワイナリー  グリフォイ・デクララ グリフォイ・デクララは、スペイン、プリオラート地方、エルモラール村にある、1880年以来5世代にわたる家族経営のワイナリーで、ブドウ栽培の歴史は 1736年まで遡ります。現在、5代目オーナー醸造家ロジェール・グリフォイ・デクララのもと、DOQプリオラートとマウンテンワインズ(元DOモンサン)の2つのワイナリーで自然に敬意を払ったワイン造りを行っています。     マウンテンワインズとは エルモラール村のグリフォイ・デクララの自社畑から生産される高品質ワインの認証名です。EUとENAC(スペイン国家認定機関) により認証されています。DOモンサンに認定されていた畑・ワイナリーと、そこで造られたワイン全ては、2017年から、ISO(国際標準化機構)の厳しい監査を経て「マウンテンワインズエルモラール(MWEM)」のラベルのもと、生産されています。(ISO17065認証取得)   マウンテンワインズは、山岳地帯にあるエルモラール村の自社畑限定、100%有機農法、手摘み、生産者元詰めなど、品質とテロワールを重視する厳格な規定の元、トレーサビリティの管理も目指しています。       マウンテンワインズの特徴 エルモラール村のグリフォイ・デクララの自社畑に限る 除草剤、農薬など不使用のオーガニック栽培(2000年から) 手摘み(剪定、グリーンハーベストなど全て手作業) 90%以上が土着品種であるガルナッチャ(ネグラ、ブランカ)、カリニェナ 全体の70%以上のぶどう畑は、樹齢35年以上 ミネラル豊富なスレート土壌「リコレリャ(粘板岩)」をはじめ、 ローム(パナル)、粘土、石灰岩など混ざり合った複雑・多様な土壌構成 テラスと斜面に広がるぶどう畑の半分以上が、25度以上の急斜面 少ない降水量(年間約200mm前後) 朝晩、夏冬の寒暖の差が大きい。ミクロクリマ スペイン国家認定機関と、国際標準化機構ISOの厳しい監査をクリア      DOモンサンを脱退し、マウンテンワインズを立ち上げた理由 理由1 自然に敬意を払ったブドウ栽培、品質とトレーサビリティーを守るため。 理由2 エルモラール村ならではのテロワールを表現しながら、 古くから伝わる農業・文化、原風景を守るため。(※1) 理由3 DOモンサンとの方針の違い。(※2など)   ※1:エルモラール村は、DOQプリオラートとDOモンサン、2つの原産地呼称にまたがる特殊な村で、土壌もリコレリャや粘土質など複雑多様。※2:DOモンサンは、DOQプリオラートを囲むように位置する為南北が特に離れており、標高、降水量、気温、土壌など様々なファクターの違いが大きく、テロワールが分かりづらい。そんな中、新たにコマルカ・リベラ・デ・エブロの一部の村まで認定範囲が拡張された。   マウンテンワインズにかけるロジェールの想い 「マウンテンワインズ」で一番特徴的なのは、“エルモラール村のグリフォイ・デクララの自社畑に限る”という点です。それについては、スペインのワイン法「ビノ・デ・パゴ/ Vino de Pago (単一ぶどう畑限定高級ワイン)」を見ると、理解していただきやすいと思います。 スペインのワイン法の中の、原産地呼称(DO:Denominación de Origen)は、上の図のピラミッドにあるカテゴリーに分けられます。一番上がビノ・デ・パゴです。「マウンテンワインズ」の厳しい監査(ISO17065)をクリアしたワインには、ナンバリングとアンチコピー付きの品質認証ラベルが貼られます。 […]