【飯田ワイン様主催】グリフォイ・デクララ初のオンラインセミナー、感謝を込めて。

9月24日(木)、ワイン輸入元・飯田ワイン様オーガナイズの元、グリフォイ・デクララ初めてのオンライン・ワインセミナー(プロフェッショナル限定)が開催されました。定員を上回る100名近い方々に、オーナー醸造家ロジェール・グリフォイ・デクララと共に、スペインからセミナーをさせていただきました。今日はセミナーのお礼と共に、コロナ禍ならではの裏話と、テイスティングワイン三種類をご紹介させていただきます。 【お礼】グリフォイ・デクララ オンラインセミナー この度オンラインセミナーにご参加いただいた皆様、グリフォイ・デクララの為に貴重な時間をいただき本当にありがとうございました。ロジェールと共に、心からお礼申し上げます。 本来なら日本を訪れ、直接ご挨拶に伺うところを、飯田ワイン様にオンラインセミナーを開催していただいたお陰で、北海道から沖縄まで、お久ぶりの方、初めての方にも、グリフォイ・デクララのワイン造りや、ロジェールの想いに耳を傾けていただけたことに感動しています。画面越しでしたが皆さまにお会いでき、とても嬉しかったです。沢山のご質問もいただきありがとうございます。時間の関係でセミナー中は少しだけしかお答えできませんでしたが、近日中に必ずお伝えさせていただきます。     【裏話】エルモラール村、コロナ禍での収穫 2020年は、忘れられない収穫になりそうです。 グリフォイ・デクララの今年の収穫は8月28日から始まりました。収穫が佳境を迎えるのと比例するように、スペインのCOVID-19の感染者は急増。9月には、1日の感染者が再び1万人を突破しました。以前のように重篤化はしないと言われているものの、悪夢を経験しました。 人口300人のエルモラール村で、結婚式をきっかけに感染者が複数人出たため、収穫の真っ只中に社員全員PCR検査を受けることになりました。幸いなことに全員陰性だったのですが、もし陽性者が出た場合、収穫を中断、最悪この大切な時期にワイナリーを閉鎖することになるかも、と考えただけで背筋が凍りました。 検査結果を待っている時に、ちょうどセミナーリハーサルがあり、飯田ワインチームの皆さまを心配させてしまいましたが、私達は大丈夫です!日本から私達を励まし、素晴らしいチームワークでセミナーを開催してくださったことに感謝しかありません。 今年は、例年に比べてブドウの成熟が早かったこともあり、全ての畑の収穫を終え、只今仕込みでボデガは活気にあふれています。ロジェールはこのコロナ禍で、醸造家と村長の役割を担い、物凄いプレッシャーで連続の日々ですが、力を合わせて乗り越えて参ります。 セミナー最後の、ロジェールのメッセージを、改めてここに記させていただきます。 「先人、先祖たちも戦争やフィロキセラ、疫病などさまざまな困難を乗越えブドウの樹を植え続け、私たちに繋ぎ残してくれました。今お互いに大変厳しい状況ですが、私たちも次の世代に胸をはれるよう、一緒に乗越えていきましょう」 (アカデミー・デュ・ヴァンの富田葉子先生 お写真ありがとうございます!) まだ油断はできないスペイン。村長ロジェールのエルモラール村の取り組みについて。 ◯スペインの現状と、高齢化の村エルモラールのCOVID-19対策について。(2020年3月25日) 【動画】ワイナリーツアーにご案内します! この度、オンラインセミナーでご案内した グリフォイ・デクララ2つのワイナリーツアーの動画をご紹介します。一日も早く、実際にエルモラール村のボデガで乾杯できる日がくることを祈っています。 【グリフォイ・デクララ】2つのワイナリーツアー(DOQプリオラートとマウンテン・ワインズ)  ワインテイスティング3種のご紹介 セミナーでは、DOQプリオラートのグランプレディカット・ブラン、プレディカット、そしてマウンテン・ワインズの、トッサルス・セレクシオをテイスティングしていただきました。 この日一番ご好評いただいた、 1.グランプレディカット・ブラン(DOQ プリオラート)についてはの詳細情報はこちら→★ 2.トッサルス・セレクシオ(マウンテン・ワインズ)についての詳細情報はこちら→★ 3.プレディカット(DOQ プリオラート)についての詳細情報はこちら→★(アカデミー・デュ・ヴァン 林麻由美先生 お写真ありがとうございます!) セミナーでお話したプリオラートの公式格付けや、マウンテンワインズについて、その他、SNSやBlogでセミナーレポートを書いてくださった方々のご紹介は、後日また綴りたいと思います。 改めて、この度は貴重な機会を本当にありがとうございました。今後ともグリフォイ・デクララをどうぞよろしくお願い致します! ———————————————————————————— ★エルモラール村からほぼ毎日発信。原田郁美のInstagramはこちらです。 ★YOUTUBEはじめました。「原田郁美 Ikumi Harada のスペインの葡萄畑から」チャンネル登録はこちらです。 ★輸入元(株)飯田様のグリフォイ・デクララのワイン情報についてのページはこちらです。 ★輸入元(株)ラパシオン様のグリフォイオイル情報のページはこちらです。 ★ワイナリー「グリフォイ・デクララ」の日本語HPはこちらです。 ★”スペインワインと食協会(AGE)”で、スペイン食文化についての記事を寄稿しています。よろしければこちらからご覧ください。  

【グリフォイ・デクララ】プリオラートの希少な白、グランプレディカット・ブラン(ガルナッチャ・ブランカ)

ワインの銘醸地として知られるD O Qプリオラートで、白ブドウの生産量はわずか6%のみ。今日は、土着品種ガルナッチャ・ブランカ100%の 希少な白ワイン「グランプレディカット・ブラン」について、グリフォイ・デクララ、オーナー醸造家ロジェール・グリフォイ・デクララの説明と共に綴ってみようと思います。 グランプレディカット・ブランの畑について 【ロジェール談】 私達はグラン・プレディカットのテラス状の畑にいます。ご覧の通り、スレートと、スレートの小石ばかりの複雑な土壌です。この石はミネラルが豊富で、ガルナッチャ・ブランカを通じて、高いミネラル感をワインに与えます。それは最終的な結果ですが、ご覧の通りとても困難な土壌の為、全て手作業で行っています。この石は、純粋な粘板岩でできていて、 薄い板状になっているので、耕作を困難にし、ブドウの生産量も少ないのです。けれども、特別な土壌だからこそ、こんなに素晴らしく、複雑味のあるワインが生まれるのだと思います。 グリフォイ・デクララ 五代目オーナー醸造家ロジェール・グリフォイ・デクララと、メルロ・ジュニア 【動画】IGTVより、ロジェールの畑の説明(日本語字幕あり)はこちら  この畑のガルナッチャ・ブランカは、DOQプリオラートのグラン・プレディカット・ブランになります。生産量はとても少なく、化学薬品を一切使用していない自然派ワインです。 4日間コールドマセレーションを行い、大型のフレンチオーク樽で 15ヶ月間澱とともに熟成します。クリーミーでボリューム感のある口当たりと味わいの深さは、やさしく穏やかなタンニンからです。グラン・プレディカット・ブランは、この土壌から生まれます。       この畑に纏わるグリフォイ家の歴史を、日本ソムリエ協会機関誌「Sommelier」に寄稿させていただきました。  醸造方法とテイスティングコメント 【ロジェール談】 グラン・プレディカットの白、ガルナッチャ・ブランカ100%は、ご存知の通り、プリオラートの代表的なブドウ品種の一つです。ガルナッチャとカリニェナ、そしてガルナッチャ・ブランカが土着品種で、リコレリャと呼ばれるスレート土壌の段々畑に、このガルナッチャ・ブランカが植わっています。 Garnacha Blanca ガルナッチャ・ブランカ  llicorella リコレリャ(粘板岩)  DOQプリオラート、樹齢約45年、海抜約350〜400 mのブドウ畑です。1株あたり約1kgの生産量です。つまり、グラン・プレディカット・ブラン1本を作るために、ブドウの木が1株半以上必要です。 色は輝きのある黄色、とても強い縁から、このワインの寿命が長いことがわかります。 グラン・プレディカット・ブラン 2017は、樽熟成15か月、樽に入れる前に3(4)日間マセレーションを行い、その後、樽発酵します。このワインの秘密は、フレンチオークの”大樽”を用いることです。 樽は自然に穏やかに馴染んでいるので、最初から、澱由来の複雑味や旨味がワインに溶け込みます。 Barrica Francesa de gran formato フレンチオーク樽 (500,600L)  澱とともに、15か月間、毎週バトナージュをすることでクリーミーさが生まれるのです。 次はアロマです。香りはかなり複雑で、花の香、洋梨のような白い果実、そして桃のようなアロマがあります。とてもフレッシュで、アルコール感を感じさせません。 かなりフローラルでフルーティー なワインです。口に含むと、とても誠実で、香りのニュアンスは味わいにも通じています。最初に、グリセリンが持つこの滑らかなクリーミーさが、飲みやすくしています。 その後、洋梨や桃、その他の果実味が口いっぱいに広がります。きれいな酸は、長期熟成がうまくいくことを表し、 また、そのフレッシュな味わいは、余韻を長く深くします。とても繊細で優しくエレガントなワインです。 世界優秀ソムリエ アンドレアス・ラーション氏の高評価 グラン・プレディカット・ブラン2017は、世界優秀ソムリエである、アンドレアス・ラーション氏の「BLIND TASTED」で、90ポイントの高得点を獲得しています。 —————————— 【Tasting comment】 Gran Predicat Blanc 2017 Bright light golden colour.Expressive […]

【ワインペアリング】 カタルーニャ発祥ロメスコソースの歴史と、トッサルス・セレクシオ by グリフォイ・デクララ

YouTubeとBlogでご紹介した、”ロメスコソース”のレシピを、早速実践してくださった方々の写真をSNSで見つけて感動しました。ありがとうございます!皆さまの投稿から、カタルーニャと日本の食材が混ざり合った新しい組み合わせや、ひと工夫を学んだので、ロメスコソースの歴史と共にご紹介しようと思います。私もぜひ作ってみようと思います。 ロメスコソースの歴史 ロメスコソース(Salsa Romesco)は、カタルーニャ州タラゴナ県の海辺の地区セラーロ(El Serrallo)発祥のソースで、漁師たちが魚介につけて食べていたと言われています。タラゴナの農産物である、アーモンド、ヘーゼルナッツ、オリーブオイルと、大航海時代の16世紀に、南アメリカにたどり着いたスペイン人が持ち帰りヨーロッパに伝わったトマト(南米:アンデス山脈高原地帯)とパプリカがベースになっています。 タラゴナはスペイン北東部に位置するカタルーニャ州タラゴナ県の県都。ローマ帝国時代には、ローマ軍はこの町の海岸付近に部隊を駐留させた。町は「タラコ」と呼ばれ栄え、当時の円形闘技場、水道橋など、古代遺跡も多数あり、数々の世界遺産に出会うことができる。  ———————領土が世界中に広がり「太陽の沈まぬ国」と讃えられたスペインも、度重なる戦争で疲弊し17世紀には衰退していきます。16世紀にスペイン人により、ヨーロッパに伝わったトマトですが、食用として地中海沿岸地域に広まったのは意外と遅く、18世紀になってから。最初トマトは、”毒りんご”と呼ばれ観賞用とされていたそうです。なぜなら、その当時の貴族の食器は鉛が多く含まれていたため、トマトの酸味で鉛中毒になったから、と言われています。その後、イタリアの貧困層で食用にしたいという人が現れ、二百年の歳月をかけた試行錯誤の後、地中海沿岸地域でトマトが一般的に食べられるようになり、地中海の食文化に欠かせない重要な食材になったのです。 カタルーニャの食材とアメリカ大陸から伝来した食材(トマトとパプリカ)が融合して生まれた”ロメスコソース”の最初の参考文献は19世紀に見つかっています。歴史を振り返ると、このソースと共に、スペインの壮大な歴史も感じることができてワクワクしますね。 ワイナリー、グリフォイ・デクララがあるプリオラート・エルモラール村は、タラゴナの海岸から約60kmほど内陸に入った山間部にあり、大半の村人が「ブドウ、オリーブ、アーモンド」の栽培に関わる小さな農村です。もちろん各家庭に伝わる、自慢のロメスコソースを作っています。 ★秘伝のロメスコソースレシピはこちら。 ロメスコソースとトッサルス・セレクシオ 【ロメスコソースの主な材料】 自家製 オリーブオイルやアーモンドをはじめ、ニンニク、トマト、ニョラ、ワインビネガーなどを混ぜて作る、カタルーニャ発祥の濃厚な絶品ソースです。 【トッサルス・セレクシオ(Red Wine)】 ブドウ品種: カリニェナ50% 、 ガルナッチャ・ティンタ 50% ブドウ畑: 有機栽培、サスティナブル、自社畑 標高: 280 – 330m 醸造: マセレーション8日間、10.000 L ステンレスタンクでアルコール発酵、天然酵母 熟成: 9ヶ月フレンチオーク樽熟成 トッサルス・セレクシオの熟した赤い果実と、甘くスパイシーなバルサミコに、ほのかなバニラの香り。きれいな酸とフレッシュでありながら、 まろやかな口当たりが、ロメスコソースの穏やかなトマトの酸味とアーモンドやヘーゼルナッツが生み出す、深みのある味わいに、ぴたりと寄り添います。焼き野菜、魚介、肉、サラダが、ロメスコソースを添えるだけでご馳走になります。   ロメスコソース・フォトレポートご紹介 飯田豊彦様(飯田グループ・社長) グリフォイ デクララ 原田さんのビデオを見て、ロメスコソース作ってみました。乾燥ピーマンは手に入らないので、赤ピーマンを魚焼きで焼きました。トマトは湯むきしました。私はナッツ好きなので、レシピより多めに。少し空煎りして、すり鉢で軽く砕いてからハンドブレンダーにかけました。このソースは本当に美味しいです。野菜を切っただけでもこのソースをつければ、フレッシュな赤ワインにぴったりです。太めの長ネギを串焼きにして、中がトロトロになるまでじっくり長めに焼いて、トッサルス セレクシオで乾杯! ——————— グリフォイ・デクララのワインの輸入元であるIIDA WINEの飯田社長のFacebook投稿より。おそらく、飯田社長が一番最初にレシピを実践してくださったと思います。レシピ動画以上に、細かいひと手間、ふた手間をかけられています。お料理に対する社長のこだわり、そしてワインへの愛情が伝わってきました。ありがとうございます! ★IIDAWINE様 グリフォイ・デクララワインのご紹介はこちら ワインダイニング・ブション(BOUCHON)京橋店 橋野様 (ブション京橋・店長) 「蒸し鶏のロメスコソース」 もちろん蒸し鶏もしっとり柔らか仕上げて美味しいですが、、、ソースがうまいんです! ロメスコソースはスペインカタルーニャのソースで、ナッツやパプリカを主体にした伝統的なソースなんです。ナッツを炒ったりパプリカを黒焦げになるまで焼いて、ニンニクも炒めてプロセッサーで混ぜあわせて、、、と手間暇かけて作るこのソース。ナッツのコクとパプリカの甘み、ニンニクの風味が見事に調和してます!肉にも魚にも、バケットに塗っても美味しそう、、、ぜひスペイン産の赤ワインと合わせて食べて頂きたいです!もちろんグラスでもボトルでもご用意してますのでマリアージュをお楽しみ下さいませ。 ———————この料理のロメスコソースはスペインプリオラートの郷土料理カルソッツ(ネギを焼いて真ん中のトロリとしたところを食べる!)に付けます。そのプリオラートで家族経営している「グリフォイデクララ」のワイン、もちろんブションで飲めます!その土地のこの時期に飲んでほしいワインとその土地の郷土料理の相性はもちろん抜群。ぜひマリアージュをお楽しみください。グリフォイデクララさんよりメッセージが届いております。見てから飲むとまた更に楽しむことができると思います! ———————ブション店長橋野様がロメスコソースに挑戦してくださり、お店のInstagramでご紹介くださいました。なるほど、蒸し鶏とロメスコソース、想像しただけでピッタリです!赤ワインも進みますね。大阪に行く時は、ぜひともブションさんでいただいてみたいと思います。ありがとうございました! ★ワインダイニング・ブション(BOUCHON)京橋店のHPはこちら 野村和代様 原田郁美さんが、紹介してくれていたグリフォイ家秘伝のレシピでロメスコソース作ってみました。乾燥ニョラとスペインのラゲルタアーモンドも通販で購入出来ました。カルソッツは日本では手に入りませんが、郁美さんがビデオの中で日本でも手に入る食材に合わせる方法を教えてくれており今回は新玉ねぎでやってみましたが、美味しかったです。ワインは、トッサルズセレクシオと合わせましたが美味しかったです。カルソッツの季節にスペインに行った事がなく未だカルソッツ頂いた事ないのですが、来年コロナが終息したら食べに行きたいです! ———————美味しいお料理を求めて、国内はもちろん、スペインにも何度も足を運ばれているフーディーの和代さんが、グリフォイ家のロメスコソースに挑戦してくださいました。ニョラ(乾燥パプリカ)も通販で購入できるとは!アーモンドもカタルーニャ産のラルゲタアーモンドをお取り寄せされるなど、食に対する和代さんのこだわりが伝わってきました。本当にありがとうございます! ★乾燥ニョラ お取り寄せはこちら ★カタルーニャ産ラルゲタアーモンド お取り寄せはこちら […]