スペインの現状と、高齢化の村エルモラールのCOVID-19対策について。

振り返ると2月下旬は、多くのスペイン人に「日本の家族は大丈夫?」と、励ましの声をいただいていたのが、遠い昔のことのようです。3月14日から スペイン全土に「警戒事態」宣言が発令されてから事態は一変、ロックダウン。外出禁止になりました。最近は日本から、心のこもったエールをいただくようになりました。ありがとうございます! 私達は元気です。今日は、スペインのリアルな現状と、ロジェールが村長を務めるカタルーニャの小さな村エルモラールのCOVID-19対策について綴ってみようと思います。 スペインのリアルな現状(2020/3/25現在) その日、私はずっと楽しみにしていた、友人のレセプションパーティーのため、バルセロナに行くことを泣く泣く諦めることにしました 。マドリードほどではなくても、バルセロナでも新型コロナウィルスは、日に日に猛威を奮っていました。 バルセロナから電車で2時間の場所にある私の住むエルモラール村は、大半が高齢者の為、万が一自分が原因でウィルスが広まり、そのせいで多くの人を危険にさらしてしまったら、と想像すると怖すぎて、友人には申し訳ないと思いながらも苦肉の決断をしました。その翌日、3月14日に、ペドロ・サンチェス首相がスペイン全土に「警戒事態」宣言を発令。新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、スペイン全土で人の移動を制限すると発表。薬局や病院の受診、食料品の買い出しなどの場合を除き、15日間外出が禁止され、その一週間後、状況が悪化する中、新たに15日間の延期が決定しました。 外出禁止、スペイン人から学ぶこと 状況が急変したことに対応できなかった人びとは、通りを歩いたり、公園のベ ンチに座って いるだけで、警察官から取り締まりを受け、罰金を課せられました。これは冗談ではないんだ、人びとが理解するまで時間はかかりませんでした。これ以上の感染を防ぐ為「#mequedoencasa (私は家にいます)」という動きがSNS上で広がり、ミシュラン星付きシェフ達も率先して、インスタライブなどでクッキング動画を公開、引きこもり生活をみんなが少しでも豊かに過ごせるよう、毎日元気づけてくれています。 ★★★ABaC Jordi Cruz @jordicruzoficial アバック・ジョルディシェフのInstagramはこちら ★★Cocina Hermanos Torres @hermanotorres トーレス兄弟のInstagramはこちら また、夜20時、医療関係者への感謝と応援の拍手(Aplauso Sanitario)は途絶えることなく、毎晩夜空に鳴り響いています。もちろん、都市部の医療崩壊、 経済危機など深刻な問題は山積みですが、どんな状況でもユーモアと感謝を忘れずに、連帯感で明るく乗り越えるスペイン人から、日々大切なことを学んでいます。 お年寄りを守りたい。エルモラール村のCOVID-19対策 バルセロナから南下すること約2時間。スペインワインの銘醸地として知られるプリオラートの南西に位置するエルモラール村は、人口300人のうち大半が60歳以上の、高齢化が進む農業の村です。 ◯秘境?エルモラール村は何処に。 https://puente-japon.com/grifoll-declara-location1/ 高齢者にとって、新型コロナウィルスは命に関わる病気であり、万が一、 エルモラールで感染者が出た時のリスクはとても高く、なにがなんでもウィルスから村民を守る必要があります。そこで、村長ロジェール・グリフォイ・デクララは、エルモラール村ならではの「COVID-19対策案」を掲げ、実行しています。 80歳以上の村人で、食料の買い出しが必要な場合、村役場の職員が代わりに買い物を代行し、 家まで物資を届ける。訪問のさいは 、マスクと手袋をし、 お年寄りの感染リスクを減らす。 80歳以上の村人で、電球の取替えなど必要な事は、村の職員が代行する。 80歳以上の一人暮らしの方には、二日に一度、職員が電話をし、様子を伺う。 3月15日の外出禁止令以降、 エルモラール村のセカンドハウスを目的とした都会からの入村を制限 。 消毒など、村の衛生管理に細心の注意を払う。 外出禁止令前後に、感染者の多いマドリードから、セカンドハウスのある地方に多くの人びとが移動したことが、スペイン全土に感染が拡大した原因の一つと言われています。子供や若者から高齢者に感染する事例が多数あることから、エルモラール村は3月15日から入村を厳しく制限しています。 エルモラール村のCOVID-19対策への取り組みが、テレビに取り上げられました。 CANAL REUS TVのWEB版と、インタビュー動画はこちらから。   農業で村を元気に。村長ロジェールのCOVID-19農業対策 スペインは、ブドウの作付面積世界一、オリーブオイルの生産量世界一、アーモンドの生産量世界二位、と歴史深い農業大国です。スーパー、薬局、病院以外は全て閉店、ほとんどの仕事が“テレワーク”で行われる中、みんなが生きるために必要な食料を生み出す農業 のための外出は許されています 。こんな状況でも作物は日々成長し、手をかけた分だけ秋には豊かな実りを与えてくれます。 エルモラール村は、ローマ時代以前から、ワインとオリーブオイルを造っている歴史ある村です。 ◯プリオラートの歴史を紐解く。 https://puente-japon.com/historiadepriorat1/ ロジェール村長が掲げるスローガンも、 「ブドウとオリーブとアーモンドで村を元気に!」 農業での村の活性化を目指しています。そこで、エルモラール村の「COVID-19農業対策」をご紹介します。   […]

山形県南陽市とエルモラール。地域おこしへの想い。

ご縁がご縁を呼び、初めて山形県を訪れる機会に恵まれました。 山形県南陽市。 山形県はぶどうの出荷量が山梨、長野についで全国3位。南陽市は、気候や土壌がぶどうの生育に適していることから、山形県のぶどう栽培の中心的エリアだそうです。 開湯900年以上という長い歴史を誇る赤湯温泉が有名なこの地で、創業300余年「結城酒店」の結城社長ご夫妻が、ロジェールの夢「ワイン造りで村を元気に」に共感してくださり、2019年10月25日、南陽市で、グリフォイ・デクララのセミナーとメーカーズディナーを開催してくださいました。 山形県南陽市創業三百余年の酒屋「ゆうき」(結城酒店) それにしても、どうして遠く離れた南陽市と、人口300人にも満たないプリオラートの小さな村、エルモラールが繋がったのでしょう?それは、ロジェールの想いを熱く語ってくださった、グリフォイワイン輸入元・株式会社飯田の公平さんの存在無しでは語れません。 創業当時は造り酒屋、ワイン造りと、昭和の初めまで作り手側にいらした結城家。今は「地酒蔵ゆうき」という酒屋として日本酒、ワイン、焼酎などのお酒を販売されている16代目結城社長と、1880年創業、5代目当主ロジェール・グリフォイ・デクララ。二人の共通点は歴史と、強い郷土愛にあると思います。 そして、もう一つのご縁は、結城社長の奥様佳子さんのご実家が私と同郷の山口県とのこと。吸収合併後、今は無き故郷「新南陽市」と山形県の「南陽市」という偶然も重なったのも、運命を感じました。   右から奥様の佳子さん、結城社長と、 樹齢83年マスカット・ベリーAの畑のオーナーと。 昨年5月に、エルモラールに来てくださった山形県出身の公平さんは、南陽市で結城社長と出会い、エルモラールの村長でもあるロジェールの想いを、ワインと共に語られ、深く共感してくださった社長の嬉しいご提案で、この度の訪問が実現したのです。 株式会社飯田公平さんと、グリフォイ・デクララ醸造家ロジェール・グリフォイ・デクララ。 エルモラール村にて。 公平さんのワインに対する豊富な知識と愛情、そのお人柄も含めてとても尊敬しています。  ワインセミナーの前に、樹齢83年の古木のマスカット・ベリーAの畑に連れて行ってくださいました。南陽市には以前、60ものワイナリーがあったそうですが、現在は6軒のみ。結城社長は、古木と自然を守りながら、ワインで町おこしをする事に情熱を捧げられていました。 社長の言葉ひとつひとつが、ロジェールの言葉と重なり、南陽市とエルモラール村が共鳴したような不思議な感覚を味わいました。 グリフォイ・デクララのセミナー。飲食関係の方だけでなく、ワイン生産に従事した方、 町おこしに携わる市役所の方も参加してくださいました。 セミナーには、スペインワインをご存知の方は少なかったですが、ワイン生産者の方々から、古木について、オーガニック栽培、降水量、特殊な土壌、急斜面での農業について、テイスティング中は、テクニカルな醸造方法について、さまざまなご質問をいただきました。 山がちな南陽市は、プリオラート同様、急斜面でぶどう栽培を行っている畑も多い、という共通点はありますが、圧倒的な違いは降水量です。 年間降水量200mmのエルモラールと、2,000mmの南陽市。 その差は10倍、けれども、南陽市の降水量の多くは積雪の為だという事には驚きました。垣根仕立ても試してみたけれど、雪が2m以上積もる豪雪地帯なので、やはり棚仕立てが主流となっていると聞き、全く違う環境の中でのぶどう栽培を、畑を直接訪れて目の当たりにすることができたことは、とても貴重な経験となりました。   夜は結城社長が、大人気モダンフレンチレストラン「6ダイニング」で、 懇親会を兼ねたメーカーズディナーを開催してくださいました。 ホタテとキノコのムース、川エビのコンソメ + グラン・プレディカット・ブラン2016(DOQ Priorat) 南陽市でオーガニック・ドッグフードの会社と 飲食店を営まれている小林さんご夫婦。5匹のワンちゃんを飼われているそう!ワインの話はもちろん、犬の話でも盛り上がりました。 嵯峨久裕シェフと「6ダイニング」スタッフの皆さん。豊かな自然に包まれた山形の大地の恩恵を受けた新鮮な食材と カタルーニャ、エルモラール村のテロワールが育んだ ワインとの絶妙なマリアージュ。ありがとうございました!   このご縁をきっかけに、南陽市とエルモラール村が手を取り合って、近い将来、ワイン造りでお互いの地域の活性化が実現すれば、こんなに素敵なことはありません。 —————————————————————————————————————————— ★創業三百余年の酒屋「ゆうき」(結城酒店)様のホームページはこちらです。 ★輸入元(株)飯田様のグリフォイ・デクララのワイン情報についてのページはこちらです。 ★南陽市のモダンフレンチレストラン「6ダイニング」のホームページはこちらです。 ★ワイナリー「グリフォイ・デクララ」のHPはこちらです。 ★スペインからほぼ毎日発信。原田郁美のInstagramはこちらです。  

siurana priorat

プリオラートの歴史を紐解く。

カタルーニャ州タラゴナ県、プリオラート地方(コマルカ・プリオラート=地方行政区)には、 23の村(ムニシピオ=自治体)が存在し、全人口は1万人も満たない、 雄々しい自然に囲まれたワイン産地です。       プリオラート地方の中に、DOCプリオラート(特選原産地呼称)と、 DOモンサン(リベラ・デブレ(Ribera d’Ebre)地方も一部含む) という2つのワイン原産地が存在します。       この地に住んでまず心奪われたのは、その歴史の深さです。 愛犬と歩くいつもの散歩道も、歴史を知ると、 まるでその時代にタイムトリップしたかのような感動に包まれます。 そこで、この地方の歴史を紐解いてみようと思います。     プリオラート地方でのブドウ栽培とワイン造りの歴史は、ローマ時代よりも前に遡ります。     歴史は流れ、711年。イスラム教徒のムーア人がイベリア半島に侵入すると、 わずか数年間でカタルーニャを征服するものの、 キリスト教徒による国土回復運動(レコンキスタ)で プリオラート地方は、12世紀にはキリスト教圏に復活しました。       その後、南仏プロヴァンスからこの地を訪れたカルトジオ会の修道士たちが、 1194年、イベリア半島で一番最初のカルトジオ会修道院をプリオラートのシンボル、 “聖なる山”モンサンの麓に建設しました。             こうして”神の階段”を意味するスカラデイ修道院(Cartoixa d’Scala Dei)が誕生しました。 プロヴァンスで培ってきた、ブドウ栽培の高い技術や知識を携えた修道士たちにより、 プリオラートのブドウ栽培やワイン造りは、年月をかけて目覚ましい発展を遂げました。     この地方の名前「プリオラート」の由来は、スカラデイ修道院と深い関係があります。 “プリオール”は「修道院長」を意味し、”プリオラート”とは、 「修道院長の領土」という意味で、 文字通り、この地方の農民たちは、ブドウや穀物を始めとした 農作物をカルトジオ修道院に納めていました。       1835年、スカラデイ修道院の所有地は国家によって没収され※、 小規模農家に分配されたため、修道院は解散、 […]