【グリフォイ・デクララ】新登場トッサルス・セレクシオ(91pts)と、「マウンテンワインズ」について。

2020年3月、ワイナリー・グリフォイ・デクララの「トッサルス・セレクシオ」が、輸入元・株式会社飯田様から発売されました。トッサルス・ジュニアの名前とデザインを変更し、より一層土着品種にこだわりました。今日は、新しくなった「トッサルス・セレクシオ」と、2017年にスタートした、独自の品質認証「マウンテンワインズ」について綴ってみようと思います。 昨年十一月、大阪のスペインワイン専門店ビノテカパネンカ様で行われた グリフォイワインイベントでは、この度トッサルス・セレクシオに生まれかわった、 トッサルス・ジュニアが大人気でした。     マウンテンワインズについて ワイナリー  グリフォイ・デクララ グリフォイ・デクララは、スペイン、プリオラート地方、エルモラール村にある、1880年以来5世代にわたる家族経営のワイナリーで、ブドウ栽培の歴史は 1736年まで遡ります。現在、5代目オーナー醸造家ロジェール・グリフォイ・デクララのもと、DOQプリオラートとマウンテンワインズ(元DOモンサン)の2つのワイナリーで自然に敬意を払ったワイン造りを行っています。     マウンテンワインズとは エルモラール村のグリフォイ・デクララの自社畑から生産される高品質ワインの認証名です。EUとENAC(スペイン国家認定機関) により認証されています。DOモンサンに認定されていた畑・ワイナリーと、そこで造られたワイン全ては、2017年から、ISO(国際標準化機構)の厳しい監査を経て「マウンテンワインズエルモラール(MWEM)」のラベルのもと、生産されています。(ISO17065認証取得)   マウンテンワインズは、山岳地帯にあるエルモラール村の自社畑限定、100%有機農法、手摘み、生産者元詰めなど、品質とテロワールを重視する厳格な規定の元、トレーサビリティの管理も目指しています。       マウンテンワインズの特徴 エルモラール村のグリフォイ・デクララの自社畑に限る 除草剤、農薬など不使用のオーガニック栽培(2000年から) 手摘み(剪定、グリーンハーベストなど全て手作業) 90%以上が土着品種であるガルナッチャ(ネグラ、ブランカ)、カリニェナ 全体の70%以上のぶどう畑は、樹齢35年以上 ミネラル豊富なスレート土壌「リコレリャ(粘板岩)」をはじめ、 ローム(パナル)、粘土、石灰岩など混ざり合った複雑・多様な土壌構成 テラスと斜面に広がるぶどう畑の半分以上が、25度以上の急斜面 少ない降水量(年間約200mm前後) 朝晩、夏冬の寒暖の差が大きい。ミクロクリマ スペイン国家認定機関と、国際標準化機構ISOの厳しい監査をクリア      DOモンサンを脱退し、マウンテンワインズを立ち上げた理由 理由1 自然に敬意を払ったブドウ栽培、品質とトレーサビリティーを守るため。 理由2 エルモラール村ならではのテロワールを表現しながら、 古くから伝わる農業・文化、原風景を守るため。(※1) 理由3 DOモンサンとの方針の違い。(※2など)   ※1:エルモラール村は、DOQプリオラートとDOモンサン、2つの原産地呼称にまたがる特殊な村で、土壌もリコレリャや粘土質など複雑多様。※2:DOモンサンは、DOQプリオラートを囲むように位置する為南北が特に離れており、標高、降水量、気温、土壌など様々なファクターの違いが大きく、テロワールが分かりづらい。そんな中、新たにコマルカ・リベラ・デ・エブロの一部の村まで認定範囲が拡張された。   マウンテンワインズにかけるロジェールの想い 「マウンテンワインズ」で一番特徴的なのは、“エルモラール村のグリフォイ・デクララの自社畑に限る”という点です。それについては、スペインのワイン法「ビノ・デ・パゴ/ Vino de Pago (単一ぶどう畑限定高級ワイン)」を見ると、理解していただきやすいと思います。 スペインのワイン法の中の、原産地呼称(DO:Denominación de Origen)は、上の図のピラミッドにあるカテゴリーに分けられます。一番上がビノ・デ・パゴです。「マウンテンワインズ」の厳しい監査(ISO17065)をクリアしたワインには、ナンバリングとアンチコピー付きの品質認証ラベルが貼られます。 […]

山形県南陽市とエルモラール。地域おこしへの想い。

ご縁がご縁を呼び、初めて山形県を訪れる機会に恵まれました。 山形県南陽市。 山形県はぶどうの出荷量が山梨、長野についで全国3位。南陽市は、気候や土壌がぶどうの生育に適していることから、山形県のぶどう栽培の中心的エリアだそうです。 開湯900年以上という長い歴史を誇る赤湯温泉が有名なこの地で、創業300余年「結城酒店」の結城社長ご夫妻が、ロジェールの夢「ワイン造りで村を元気に」に共感してくださり、2019年10月25日、南陽市で、グリフォイ・デクララのセミナーとメーカーズディナーを開催してくださいました。 山形県南陽市創業三百余年の酒屋「ゆうき」(結城酒店) それにしても、どうして遠く離れた南陽市と、人口300人にも満たないプリオラートの小さな村、エルモラールが繋がったのでしょう?それは、ロジェールの想いを熱く語ってくださった、グリフォイワイン輸入元・株式会社飯田の公平さんの存在無しでは語れません。 創業当時は造り酒屋、ワイン造りと、昭和の初めまで作り手側にいらした結城家。今は「地酒蔵ゆうき」という酒屋として日本酒、ワイン、焼酎などのお酒を販売されている16代目結城社長と、1880年創業、5代目当主ロジェール・グリフォイ・デクララ。二人の共通点は歴史と、強い郷土愛にあると思います。 そして、もう一つのご縁は、結城社長の奥様佳子さんのご実家が私と同郷の山口県とのこと。吸収合併後、今は無き故郷「新南陽市」と山形県の「南陽市」という偶然も重なったのも、運命を感じました。   右から奥様の佳子さん、結城社長と、 樹齢83年マスカット・ベリーAの畑のオーナーと。 昨年5月に、エルモラールに来てくださった山形県出身の公平さんは、南陽市で結城社長と出会い、エルモラールの村長でもあるロジェールの想いを、ワインと共に語られ、深く共感してくださった社長の嬉しいご提案で、この度の訪問が実現したのです。 株式会社飯田公平さんと、グリフォイ・デクララ醸造家ロジェール・グリフォイ・デクララ。 エルモラール村にて。 公平さんのワインに対する豊富な知識と愛情、そのお人柄も含めてとても尊敬しています。  ワインセミナーの前に、樹齢83年の古木のマスカット・ベリーAの畑に連れて行ってくださいました。南陽市には以前、60ものワイナリーがあったそうですが、現在は6軒のみ。結城社長は、古木と自然を守りながら、ワインで町おこしをする事に情熱を捧げられていました。 社長の言葉ひとつひとつが、ロジェールの言葉と重なり、南陽市とエルモラール村が共鳴したような不思議な感覚を味わいました。 グリフォイ・デクララのセミナー。飲食関係の方だけでなく、ワイン生産に従事した方、 町おこしに携わる市役所の方も参加してくださいました。 セミナーには、スペインワインをご存知の方は少なかったですが、ワイン生産者の方々から、古木について、オーガニック栽培、降水量、特殊な土壌、急斜面での農業について、テイスティング中は、テクニカルな醸造方法について、さまざまなご質問をいただきました。 山がちな南陽市は、プリオラート同様、急斜面でぶどう栽培を行っている畑も多い、という共通点はありますが、圧倒的な違いは降水量です。 年間降水量200mmのエルモラールと、2,000mmの南陽市。 その差は10倍、けれども、南陽市の降水量の多くは積雪の為だという事には驚きました。垣根仕立ても試してみたけれど、雪が2m以上積もる豪雪地帯なので、やはり棚仕立てが主流となっていると聞き、全く違う環境の中でのぶどう栽培を、畑を直接訪れて目の当たりにすることができたことは、とても貴重な経験となりました。   夜は結城社長が、大人気モダンフレンチレストラン「6ダイニング」で、 懇親会を兼ねたメーカーズディナーを開催してくださいました。 ホタテとキノコのムース、川エビのコンソメ + グラン・プレディカット・ブラン2016(DOQ Priorat) 南陽市でオーガニック・ドッグフードの会社と 飲食店を営まれている小林さんご夫婦。5匹のワンちゃんを飼われているそう!ワインの話はもちろん、犬の話でも盛り上がりました。 嵯峨久裕シェフと「6ダイニング」スタッフの皆さん。豊かな自然に包まれた山形の大地の恩恵を受けた新鮮な食材と カタルーニャ、エルモラール村のテロワールが育んだ ワインとの絶妙なマリアージュ。ありがとうございました!   このご縁をきっかけに、南陽市とエルモラール村が手を取り合って、近い将来、ワイン造りでお互いの地域の活性化が実現すれば、こんなに素敵なことはありません。 —————————————————————————————————————————— ★創業三百余年の酒屋「ゆうき」(結城酒店)様のホームページはこちらです。 ★輸入元(株)飯田様のグリフォイ・デクララのワイン情報についてのページはこちらです。 ★南陽市のモダンフレンチレストラン「6ダイニング」のホームページはこちらです。 ★ワイナリー「グリフォイ・デクララ」のHPはこちらです。 ★スペインからほぼ毎日発信。原田郁美のInstagramはこちらです。  

思い出のMARUGO

2005年から3年間のバルセロナ生活を終え、 日本に戻ってもスペインへの想いは募るばかりでした。 スペインの魅力を日本に伝える仕事がしたい、 漠然と思っていたあの頃。 どんな方法かは分からないけど、架け橋を目指すなら東京しかない、 と、その時初めて東京で暮らし始めました。     カウンターの隣の人ともいつの間にか仲良くなっている、 そんなスペインのバルのような雰囲気が気に入り、 友人と良く通っていたワインバーが、新宿三丁目の”MARUGO”でした。 偶然隣にいらした大常連の川瀬さんから、素晴らしいフランスワインの魅力を教えていただき、 スペインワインしか知らなかった私は、新しい扉を開くことができました。 同時に、スペインワインのバリエーションが、MARUGOをはじめ、 素敵なお店でもっと増えたらいいな、と思うようになりました。   私が、MARUGOと川瀬さんと出会ったのは、2009年。 その年、スペインワインの道を選ぶことを胸に誓いました。 現在、家族とプリオラートでワイン造りをしたり、 こだわりのスペインワインを日本にご紹介する仕事に携われているのも、 この出会いがきっかけの一つになっていると思います。   Bar Violet     川瀬さんはずっと応援してくださり、 今では22店舗となったMARUGOグループに グリフォイ・デクララをご紹介してくださいました。 それから、グループのワインバーで私共のワインを見かける度に、 この出会いをしみじみと思い出します。     川瀬さんと、 ラ・パシオン 加藤智子さん   ワインがきっかけで繋がる心温まるご縁の一つ一つ。 私がワインに惹かれ、今なお惹かれ続けているのは、 その出会いが繋がり、いつしか大きな輪となり、 深い絆を築いてくれるからでしょう。 これからも、そのご縁の一つ一つを忘れずに、恩返しができる自分になれるように。 このブログに綴っていこうと思います。   —– ◯MARUGO-s 「ワインバー マルゴ」のグループ店オフィシャルホームページ   朝も昼も夜も。ひとりでもみんなでも。 371BAR